Nさんとのお話 日本社会について思うこと

お久しぶりです。ニュージャージーのスティーブンスという大学に通うYukiです。


先週末ニューヨークの大学に通う日本人の友だち(Nと呼びます)と食事をした際に、日本とアメリカでの社会の風潮とそれに対する個人のあり方が話題になり、普段あまり考えたこともなく興味深かったので、今回はそれについて書こうと思います。


日本の社会って生きやすいでしょうか?


 空気を読むとか、礼儀や和を重んじ、他人の中で自分がどうあるかを大切に考える集団的な社会です。この記事はそのような社会は生きにくいと感じる人が書いたものです。


皆さんはどうでしょうか?自分がこの記事を書こうと思ったのは、Nに「留学生は色んな面白い人がいるけど、あなたはその中でもレアだよ。」と言われたからなのですが、自分も同じように感じています。


特に日本の社会には間違えていること、言い換えると社会の成長を遅らせる要素と、それを受け止める人々が普通に存在しています。それを受け止めるということが社会で上手く生きていくということに直結してしまっているからです。


例えば、自分は高校時代に、部活の大会をテスト期間内だからという理由で辞退させられたことがありました。


その時に、先生が放った「社会に出たらこういうことも受け止めなければならない」という一言が、理不尽なことであっても上の権力に従うことが社会で生きていくために必要だと暗示しているように感じました。


またNは、「特別に親しくない日本人と一緒にいると、どう行動すれば空気を乱すことなく場を盛り上げられるのか考えたり、それぞれがどう思っているのか分析したりしてしまい、すごく疲れる。」と言っていました。


もちろん、社会の風潮に従えば、軽蔑されることもなく周りからの評価も得ることができます。


それを厭わない人にはこの記事はあまり役に立てないかもしれません。ですが、もし留学を考えているのであれば、一度自分がどう生きてきたのか考えてみてください。


他人の評価を気にしすぎたり、言いたいことが言えなかったりする環境にいませんか?納得のいっていない環境を当たり前のものとしてないでしょうか? 


アメリカは日本と真逆の多民族国家です。まわりとの協調性というのは日本に比べてあまり求められず、個人の意見を持つことが大切とされる社会です。


そんな場所で他人がどう思うかなどと考えていたら、色んな人がいすぎてパンクしてしまいます。


裏付けとまでは言えないかもしれませんが、Nは日本の社会に適合するように教育を受けたものの生きづらいと感じ、中学卒業後に日本から出て、アメリカの高校に進学しました。


自分は逆で、その日本社会の中で反抗しながら生き、我が道を歩んできたタイプです。


二人ともアメリカでは楽に生きていけると感じています。就職も、二人ともアメリカを希望しています。


アメリカの方が、社会が柔軟であり他者の意見を認めるので、気を遣う必要がないからです。

逆に気を遣われることもないので、自分の言いたいことを言える、自分の一番納得できる意見を持つことが許されるということに魅力を感じています。


話は少し戻りますが、自分は「レア」なタイプです。日本の社会は間違いが多いと思い、社会の常識を無視し、自分をずっと信じて第一に考えてきた人です。


日本の留学生の多くは賢いので、どう社会で上手く生きていくのかを理解し、適合しているように思います。


それでも自分は自分の生き方が好きだし、周りの日本の留学生からもその性格を褒められることが多いです。


何が正しいのかは自分で決めるべきです。力や数があるものが正しいなんてのは大きな間違いです。(この意見が正しいかどうかを判断するのもあなた自身というわけです。)


日本国内でもそういう人が増えてほしいというのが本音です。最近変わりつつあるかなーとも思いますが、他人に協調することによって個の可能性を殻に閉じ込めてしまっているように思います。


自分の意見を闇雲に発言するよりも、まずは、他人の意見を認めることを大切にしたほうが良いかもしれませんね。


2018/11/4 yuki

シェアブロード

海外大学受験や大学生活で感じたことを、現役大学生が素直に綴ったブログのような読みやすいサイトです。海外大学を目指した理由や、今の学校を選んだ理由。自分たちが出願時に知りたかったことや、知っておきたい素敵な団体や人も紹介します。 誰かにとってのマイナスポイントは、他の誰かのプラスポイント。

0コメント

  • 1000 / 1000