ミシガン大学寮生活日記

はじめまして、こんにちは。ミシガン大学アナーバー校1年の榎本です。


さて突然ですが、皆さんは寮に住んだことはあるでしょうか。僕は大学に来て初めて寮生活を経験しました。結論から言わせていただくと、


寮、最高です


勿論、18年間実家暮らしだった僕にとって突然親元から離れて生活するという面では大変なこともありました。

特に洗濯物を畳む時間と日用品の買い物の時間は苦痛でしかないです。そんな経験を通して自立できることも寮生活の魅力の1つでしょう。

ですが僕が今回話したいことはそんな一面ではなく、寮生活を通して得られる友人との繋がりです。皆と同じ屋根の下で過ごす時間は多くの学びをもたらしてくれました。

僕の寮には約30人の学生が住んでいます。留学生は僕ともう1人のタイ人学生だけですが、皆十人十色でとても面白いです。


部屋に3Dプリンターを置いて日々自ら模型を作るAerospace Engineer、様々な株に投資して小遣い稼ぎをするビジネス専攻の友人、複数のプログラミング言語を操りアプリ開発に勤しむCS専攻の友人、本気でオリンピックを目指している陸上の三段跳び選手など、、、

違ったバックグラウンドを持ち、様々な分野を勉強している友人と一緒に暮らすだけで、新たな興味が次から次へと生まれます。

また新たな知識も共有できます。そして独自の分野で自分より遥か先を走っている姿には多くの刺激をもらえます。


さらに、寮の友人は1番の支えでもあります。

1学期目は宿題もさることながら、各教科3回もの定期テストに追われました。


明け方まで寮のコモンスペースで皆と徹夜して化学と物理のテストに向かった期末最終日も良い思い出です。

そんな夜更かし続きの生活を共にする友人の存在はとてつもなく大切です。人に教え・教わることで、得られるものもありますし、何より楽しく勉強できます。


また学問面で溜まったストレスを吹き飛ばしてくれるのも寮の友人たちです。授業から帰って来たら家に友達がいる生活ほど楽しいものはありません。

金曜土曜の夜は一緒にパーティーに行って弾けます。

特にミシガン大学はアメフトチームが強く、全米1の収容人数を誇るスタジアムを持っています。

ゲームデイは朝からお祭り騒ぎです。アメフト観戦も寮の友人と行き、非常に興奮しました。来シーズンが待ちきれません。


ただ勉強するだけでなく、ただ遊ぶだけでもなく、どちらも全力なのがアメリカの大学生です。そんな生活を友達と共にすることができる環境は実家暮らしでは間違いなく経験できないものでした。

半端なくビビリな僕は、半年前は内心怯えていて、行きの飛行機の中では本来抱くべきとされている不安と期待が入り混じった感情など微塵も感じることはできず、緊張で押しつぶされそうでした。笑 

ですがこうして非常に充実した1学期が送れたのは紛れもなく寮という素晴らしい環境に身を置けたからだと思います。

そんな寮で1年間共に暮らす友人は一生の友達にしたいです!

4年間計8学期のうちのたったひとつを終えただけで、一喜一憂しているのではまだまだ未熟なのかもしれませんが、数年前までアメリカの大学で勉強できるなど想像もしていなかった自分が、こうして1学期間多くを吸収しながら学び続けられたことは素直に嬉しいです。


2学期以降は挑戦の幅を広げ、濃い大学生活にしていきます!

01/07/2018 Shun

シェアブロード

海外大学受験や大学生活で感じたことを、現役大学生が素直に綴ったブログのような読みやすいサイトです。海外大学を目指した理由や、今の学校を選んだ理由。自分たちが出願時に知りたかったことや、知っておきたい素敵な団体や人も紹介します。 誰かにとってのマイナスポイントは、他の誰かのプラスポイント。

0コメント

  • 1000 / 1000