University of Washington


基本情報


所在地(国・州や都市):アメリカワシントン州シアトル

生徒数:約3万人

田舎?都心?:都心

大学を一言で表すと:設備が充実してて何でもある、美しいキャンパス、楽しい

日本人生徒の人数:不確か


最終的にその大学を選んだ理由

University of Washington から合格通知がきた時もう迷わずこの学校を選びました。

ビジネスを専攻にとりたかったんで、ワシントン大学のFoster school of Business の紹介動画をapply する前に見て、心を決めました。


それと校内の美しいキャンパスにひかれたのと、一個上の先輩のfacebook の楽しそうな投稿をみてさらにこの学校に行きたいと気持ちが増しました。

学校の特徴〜アカデミック〜

専攻に関してはBusiness と computer science がとても人気で、その分他の専攻と比べて入るのもかなり難しいです。


もうすでに自分がどの専攻を取りたいかわかっている人が大半だけどまだ何やろうかわからないという人も多くいます。

そういう人や、専攻は決まってるけどメジャーをapplyするまでどのようにスケジュールを組めばよいか悩んでいる人などは、ademic adviser にアポをとって相談できるのでとても便利です。


学校は4学期制で、基本みんな夏は授業をとらないです。


周りの人の熱心さでいえば、みんなアカデミックを第一重視しているので平日は忙しいですが、週末はガッツリ楽しんでいます。

学校の特徴〜生活面〜

食事は学校にあるレストランはあんま期待しないでほしいです(笑)

寮の近くにlocal point とcultivate の2つのレスランがあるけどlocal point はオプションが限られててハンバーガー、ピザ、サンドイッチ、パスタが基本メニューで味も正直微妙です。

cultivate は全てが鬼みたいに高いんでめったにいかないです。


キャンパスから出れば、寮の近くにave っていうレストランがたくさん並んでる通りがあり、かなりいろんなジャンルのレストランがあって美味しいので基本こっちで食べてます。

 

あと、買い物は学校内のdestrict market で済ませてます(高いですけど)。 


基本、学校内娯楽施設は本当に充実してて、ロッククラインビングにボーリング、ビリヤード、音楽スタジオ、ジムなどさまざまなことができます。


僕はジムに週5くらいで通ってバスケやったり、たまにボーリングやスタジオで楽器演奏したりしてます。

あとUWはフットボールが全米4位の強豪校で、土曜日はHusky stadim にいって試合観戦して楽しいんだりしてます。

最後に

ワシントン大学は規模が大きくて設備も充実してて本当に多種多様な人がいていろんな新しく刺激的な経験ができると思います。

その分友達作りとか専攻やクラス選びとかも本当に自分次第で苦労する時期はあるけど人として本当に成長するんで、僕は本当におすすめします。

あと春、夏はマジで天気がよくてキャンパスが感動するくらいにきれいです。

2017/12/19
itsuyama

シェアブロード

海外大学受験や大学生活で感じたことを、現役大学生が素直に綴ったブログのような読みやすいサイトです。海外大学を目指した理由や、今の学校を選んだ理由。自分たちが出願時に知りたかったことや、知っておきたい素敵な団体や人も紹介します。 誰かにとってのマイナスポイントは、他の誰かのプラスポイント。

0コメント

  • 1000 / 1000