地方からアメリカの大学へ (2)

前回の記事:地方からアメリカの大学へ(1)


erikaです。


今回は私のアメリカの大学受験スケジュールを紹介しようと思います。


そもそもなぜ私にアメリカの大学進学をするという選択肢があったのか。


父の影響がやはり大きいです。父はカリフォルニア州にある大学院を卒業しており、2回程家族旅行でそこのキャンパスを訪れました。


全米トップクラスのその美しいキャンパスに私は圧倒され、子供心にもこんな綺麗な場所で勉強したいという、強い憧れが以降ずっとありました。


そこから月日が流れ、私はアメリカの大学に憧れを抱きながらも特に何もせず普通に過ごしていました。


公立の小学校を卒業し、中学受験をして国立の中学校に、高校は付設されていなかったのでまた受験をして公立高校に進学。


転機が訪れたのは、高1の時です。私は県内では進学校とされる高校に入学しました。


入学後私は進路について本格的に考え始めたのですが、どうも日本の大学が自分に合っているようには思えませんでした。


学校の先生からは複数の大学を薦められ、大学見学をするように言われました。


全て東京にある大学で、夏のオープンキャンパスや、女子高校生のための説明会などに参加してみました。


それらに参加してみてやはり自分には日本の大学は合っていない、と再確認しました。


そこで海外進学を考えるようになり、幸い両親の理解もありアメリカの大学への進学を決心しました。


この時既に高1の終わり。


決心したのは良いもの、何から始めればよいのか全く分かっていませんでした。


英語に関しては、中学2年までは週1回英会話教室に通い、高1の時は週1回大学受験用の英語塾に通っていました。英語は得意教科でしたがそれも受験英語での話、アメリカの大学受験に必要な英語力はありませんでした。


ネットでいろいろと検索するうちにアゴスという留学予備校に辿り着きました。


電話相談でいろいろなことを教えて貰ったのちに、アゴスで受験対策をすることに決めました。


ここからが本題の受験スケジュールです。


‐高校2年生‐

4月

 ・アゴスの大阪校でTOEFLのReadingのクラスを受講

 ・初めてTOEFLを受験し、58点

 

5-9月

 ・高1の時通っていた地元の英語塾で週1回TOEFL個別対策

*大阪校まで毎週通うのが大変だったので地元で対策を始めました。ですがその塾は受験英語中心で、先生もTOEFL指導経験がなかったのであまりスコアアップせず。


10月

 ・焦りを感じ、アゴス大阪校に戻る。

 ・TOEFLのReadingとListeningのクラス受講

 ・10月のTOEFLでは77点


11月‐2月

 ・アゴス東京校でTOEFLのReading,Listening,Speaking,Writingのクラス受講

 ・2月のTOEFLでは87点

*大阪校での授業の開講スケジュールが合わなかったので、クラス数が多い東京校まで通う。テスト期間など以外は毎週飛行機で通学


3月‐高3の4月

 ・アゴス東京校でSAT対策のクラスを受講

 ・3月のTOEFLでは93点


‐高校3年生‐

5,6月

 ・自分でTOEFLとSAT対策

 ・5月のSAT Subject Math2を受験、思い出したくない笑

 ・6月のSAT Reasoningを受験 1330点


7,8月

 ・7月頭に学校の先生と共に奨学金の準備開始

 ・アゴス東京校でSATとエッセイ対策のクラス受講

 ・8月末にコモンアップのエッセイを完成

 ・7月のTOEFLで98点


9月

 ・自分でTOEFLとSAT対策

 ・アゴスでエッセイの個別指導を受ける

 ・学校の先生に推薦状を頼む(担任、英語教師、数学教師)

 ・9月のTOEFLで105点、TOEFL終了


10月

 ・自分でSAT対策

 ・School Profileを自分で作成

 ・EDの準備

 ・10月のSAT Reasoningを受験、前回より下がる


11月

 ・ED出願 (Dartmouth College)

 ・自分でSAT対策

 ・SAT Subject Math1&2を受験 790と800


12月

 ・自分でSAT対策

 ・ED結果分かる、Deffered

 ・RDのエッセイ準備・完成

 ・SAT Reasoningを受験、1420点


1月

 ・RD出願

 ・自分でSAT対策

 ・1月頭に学校の先生と奨学金の準備開始

 ・SAT Reasoningを受験、思い出したくない


こんな感じですね。


良かったなと思う点は、エッセイが意外とスムーズに終わったことです、


反省点としては、ED出願後にほっとしてだらけてしまい、RD出願の準備に取り掛かるのが遅かったことです。


試験のスコアについては全く自慢できるような点ではありませんが、純ジャパの人を中心に参考になれば良いなと思ったので載せました。


出願の際に提出したスコアは

TOEFL 105点

SAT Reasoning 1330点(ED) 

1420点(RD)

SAT Subject Math 1 790点

      Math 2 800点

                  です。


ちなみにEDを含めて12校受験し、7校合格2校不合格3校ウエイトリストでした。


これから目指す人は頑張ってくださいね。何か質問があればぜひ連絡してください。


2017/07/12 erika

シェアブロード

海外大学受験や大学生活で感じたことを、現役大学生が素直に綴ったブログのような読みやすいサイトです。海外大学を目指した理由や、今の学校を選んだ理由。自分たちが出願時に知りたかったことや、知っておきたい素敵な団体や人も紹介します。 誰かにとってのマイナスポイントは、他の誰かのプラスポイント。

0コメント

  • 1000 / 1000